【理想の小顔になる方法】美容整形で憧れの小顔を手に入れよう!

施術が受けられない人

顔に触れる女性

条件を確認

美容整形の小顔になる方法はいくつか種類がありますが、中には施術を受けられない方もいます。条件は小顔になる方法によって変わるので、施術が受けられるかどうか事前に美容クリニックに問い合わせてみましょう。まずボトックス注射の施術ですが、妊娠中・授乳中の方は施術を受けられないので注意してください。また、ボトックス注射の施術を受けることができた方にも注意すべきことがあります。女性は、施術後およそ2ヶ月は避妊するようにしてください。月経周期も関係してきますので、そちらも医師と相談しておきましょう。男性の場合は、施術後から3ヶ月ほどは避妊してください。こちらは目安の期間なので、医師の指示を仰ぎましょう。脂肪溶解注射の施術は、甲状腺機能に障害があると診断された方は施術を受けられません。バセドウ病などが該当しますが、現在治療中の方だけでなく、既往歴がある方も施術を受けられないので、詳しく確認したい方は美容クリニックに問い合わせてみましょう。
小顔になる方法の中でもレーザーを使用する施術の場合、受けるためには条件が更に追加されます。皮膚炎などの炎症がある方や、2週間以内にレーザー機器を使用する治療を受けた方は施術を受けられません。また、ペースメーカーを使用している方、日光アレルギーをお持ちの方も施術を受けることができません。ほかにもいくつか条件がありますので、美容クリニックのスタッフや医師に確認しておきましょう。持病や既往歴によって受けられない施術もありますので、カウンセリングのときに詳しく話すようにしてください。

妊娠中・授乳中は避ける

小顔になる方法だけでなく、基本的に美容整形の施術は妊娠中・授乳中の方は受けることができません。施術によって赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があるので、出産後の授乳期間が終わり、医師の許可が下りてから施術を受けるようにしましょう。また、妊娠中から授乳期間中の女性は体質が変わることもあります。赤ちゃんだけでなく、自分の身体に負担がかかることも考えられるので、施術を受けられる時期まで待ちましょう。ほかには、妊娠する可能性がある方も注意が必要です。小顔になる方法の美容整形によっては、施術後から数ヶ月ほど避妊するよう指導を受ける場合もありますので、きちんと守るようにしてください。安心して施術が受けられるようにするためにも、指示を守ることは大切です。

Copyright© 2019 【理想の小顔になる方法】美容整形で憧れの小顔を手に入れよう! All Rights Reserved.