【理想の小顔になる方法】美容整形で憧れの小顔を手に入れよう!

施術後の過ごし方

看護師

ダウンタイムについて

小顔になる方法ごとに、ダウンタイムの長さも変わります。まず脂肪溶解注射の場合は、ダウンタイムはほとんどありません。施術直後に少し腫れることがありますが、数時間経つと治まってきます。メイクや洗顔、入浴や運動も施術当日から可能です。すぐに日常生活に戻ることができるというところも魅力の施術です。専用機械を使用する場合も、メイクや洗顔、入浴は当日から可能です。レーザーを使用する施術は、施術後にまれにかゆみを感じることがあります。人によっては赤みが出ることもありますが、どちらも1週間程度で引いていきます。脂肪溶解注射も専用機械を使用する施術も、内出血が生じることがありますが、メイクでカバーできるので心配は不要です。
骨を削る施術の場合は、ダウンタイムが長くなります。施術後から2週間ほど腫れますが、フェイスバンドで圧迫することで早めに引いていきます。仕事で日中の着用が難しい場合は、家にいる間に着用するようにしましょう。最初の検診が施術後から3日の間に行われますが、そこで許可が出たらシャワーの利用が可能です。入浴は施術から3日ほど経てば可能になりますが、医師に確認しておきましょう。どの小顔になる方法もダウンタイムには個人差がありますので、施術箇所の様子を見て医師に判断してもらうことが大切です。

施術後の注意点

小顔になる方法によって施術後に注意する点は違いますが、注射による施術の場合、注意することはほとんどありません。専用機械の中でも、レーザーを使用する施術の場合は、施術を受けてから約3ヶ月は日焼け止めクリームを使用するようにしましょう。なるべく紫外線に当たらないように注意して、帽子や日傘の使用、UVカットパーカー等の着用をおすすめします。施術箇所に水ぶくれができるケースもまれにあるので、その場合はすぐに医師に伝えましょう。小顔になる方法の中でも、骨を削る施術を受けた方は、口周りの感覚が鈍くなることがあります。しかし一時的なものなので、しばらくすると治まります。あまり負担をかけないようにするためにも、施術後から約2週間は柔らかい食べ物を食べるようにしてください。その後もなるべく固い食べ物は控えて、1ヶ月ほど様子を見るようにしましょう。それ以降は、通常の食事に戻しても大丈夫です。また、施術後は頬杖をつかないように注意してください。口元に負担をかけないよう、食事内容や行動を意識するようにしましょう。

Copyright© 2019 【理想の小顔になる方法】美容整形で憧れの小顔を手に入れよう! All Rights Reserved.